分散投資を考えるなら不動産投資から始めよう|失敗しない投資法

不動産

不動産投資

電卓

相続税の増税を受け、ますます事前の相続対策が重要になってきています。その中で、アパート経営は有効な相続税対策として知られています。アパート経営の大きなリスクとなる空き室リスクを軽減するためには、一括借り上げサービスを利用するという方法が有力な選択肢となります。

View Detail

留守宅の活用とその方法

不動産

リロケーションは留守宅を他の人に貸し出す方法であり、近年利用が広がっている。転勤や長期不在で家をそのまま放置した場合には、収入を上げられず維持費のみ必要になる。しかし、リロケーションを活用することで留守宅を有効活用できる。

View Detail

分散投資が基本です

住宅

多くの物件を持とう

中古のマンションを利用した投資が流行していますが、中には失敗をしてしまう人もいます。中古ワンルームマンション投資で失敗してしまう人の原因は共通しています。それは空室リスクが高いということです。空室リスクは物件を選ぶ際にある程度決まるので、どのエリアの中古ワンルームマンションを購入するのかということはとても重要です。しかし、エリアを厳選しても失敗してしまう人もいます。つまり、空室リスクはエリアを厳選しているだけでは、回避できないのです。重要なことは多くの投資物件を保有するということです。中古ワンルームマンション投資で失敗したくなければ、1戸や2戸購入して満足するのではなく、5戸、10戸の保有を目指しましょう。

空室リスクをヘッジしよう

5戸や10戸となると収入源がたくさんできるため、保有物件の一部が空室になっても、収入が途絶えることはありません。空室になっていない物件から得られる家賃収入で空室物件の費用も賄うことができます。しかし、これだけの数の中古ワンルームマンションを保有しようとなると、資金と時間が必要になります。もっと手っ取り早く空室リスクを抑えて不動産投資をしたいと考えるのであれば、上場不動産投資信託を保有しましょう。上場不動産投資信託は多くの収益物件を保有し運用する金融商品です。資産規模が数百億から数千億とかなり大きく、分散投資の効果を存分に享受することができます。1口あたりの投資額も小さく、不動産投資の初心者にも向いている金融商品です。

不動産投資

オフィスレディー

不動産経営の人気は非常に高まってきています。インカムゲインとキャピタルゲインの両方を得ることが可能であること、安定的な収入を定期的に得られることが人気の理由です。不動産経営は様々な工夫を行うことにより、より大きな利益を得ることが可能です。

View Detail